水はけが良い墓地は霊園の選び方の中の1つ

大半の場合、それぞれの家には決められたお墓があります。長男は自分の家のお墓に入りますが、次男や三男などの場合は、自らのお墓を購入して、そこに自分の家のお墓を作る事になるわけです。しかしながら、お墓を購入すると言っても、その価格は決して安いものではないのが現状といえます。また、お墓は頻繁に行く場所ではありませんので、行かない間の管理などをして貰える事も選ぶ基準になりますし、環境に関してもいくつかの条件を満たしてくれる場所を選びたいものです。お墓が有る場所を墓地と呼んだり、霊園と呼んだりします。霊園というのは、お寺などにある墓地と比べて、広大な面積であり、しかも内部が整備されている場所を霊園と呼ぶ事が多くあります。どちらかと言うと、公園の中にお墓があるというイメージになるのが霊園です。また、霊園には公営、民営、寺院の3つの種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。公営の場合は、自治体が管理や運営を行っているもので、永続供養が可能になるというメリットがあります。民営とは異なり、つぶれる事がありませんので永続供養が可能になるわけです。また、管理費や使用料が比較的安いのが特徴と言えます。特に、永代において利用する場合の料金が民営とは異なり安くなると言います。お墓には、宗教や宗派と言うものが有り、同じ宗教や宗派にならないと入れない事も少なくありません。しかし、公営の場合は、この制限が無いのが特徴とも言えます。因みに、寺院などの場合は、宗派や宗教の違いによる制限が起きる事もあるといいます。また、寺院の場合は、その寺院の檀家になる事が前提となる事も多く、檀家になる事で費用が掛かるなどのデメリットはあります。一方、民営の場合は、幾つかのメリットがありますが、デメリットも存在しています。一番のデメリットは、永代使用料が公営と異なり割高になったり、条件がよい場所にある場合は人気がありますので空きが無いというケースも少なくありません。メリット部分では、お墓の墓石を自由に選べる事や、この墓石を購入する石材店と霊園が提携をしている場合は安く購入出来る事もあるのです。いずれにしても、環境が良い場所と言うものは墓地に関わらず人気がありますから、購入が出来ない事も少なくありません。しかし、日当たりが良くて風通しがよく、さらに水はけが良い場所を選ぶ事は大切で、特に納骨を行う場所が地下になる場合などでは水はけは重要視される部分でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*